結婚指輪の始まり

結婚式の際、二人が永遠の愛を誓うために指輪を交換します。この指輪は左手の薬指にはめられ、二人が夫婦になった証となる大切なものです。この結婚指輪ですが、気になるのはその値段です。一般的に、結婚指輪はどのくらいの価格帯なのでしょう。では、その前にまずは結婚指輪の歴史から紹介します。

結婚指輪の誕生は、なんと今から2000年以上も前になります。場所はローマ。当時の結婚は恋愛結婚ではなく妻をお金で買うというものだったそうです。その金銭の授受の証拠として、妻の父親に指輪を渡していたということで、これが結婚指輪の始まりと言われています。その後、徐々に結婚指輪の意味あいが変わっていき、今のような愛の象徴となっていったのです。

また、左手の薬指にはめるのはどういった意味があるのでしょう。古代ギリシャでは、左手の薬指は心臓と繋がっていると思われていました。そのため薬指には、怪我や病気を治す力が宿っていると信じられていたのです。このように、薬指は神聖な指で、そこに指輪をはめることで互いに愛を誓うものとして、現在でもその風習が残っているわけなのです。結婚指輪は鉄のリングが始まりです。鉄は愛の強さを表す金属でした。今も昔も、結婚指輪への思いは変わらないものなのです。